SQL入門:VBAは分かるけどSQL難しそう、そんな人に


エクセルで100万行扱えるといっても、データ量としては列数もありますので、
実際には100万行はおろか数十万行でもエクセルが重くなって扱いづらくなってしまいます。

エクセルのマクロVBAから外部データベースを扱う方法について解説していきます。
使用するDBはSQLiteを使いますが、SQLiteの説明は環境作成にとどめ、SQLの説明を中心に進めます。

SQLについては極力基本的なものを使うようにして、なるべくSQLiteに依存しないSQLにしていこうとは思っています。
とはいえ、全てのDBに共通するSQLにはできませんので、気が付く範囲内で補足できるものは補足していきたいと思います。

SQL入門目次

SQLiteのインストール

データベースに接続/切断

テーブルの作成/削除(CREATE TABLE,DROP TABLE)

テーブル名変更と列追加(ALTER TABLE)とテーブル自動作成

データの挿入(INSERT)と全削除

データの挿入:バルクインサート

データの取得:条件指定(SELECT,WHERE)

データの取得:集約集計、並べ替え(DISTINKT,GROUP BY,ORDER BY)

SQL関数について
データベースにおけるNULLの扱い方

テーブルを結合して取得(INNER JOIN,OUTER JOIN)
テーブルを縦に連結して取得(UNION,UNION ALL)

データの更新(UPDATE)
データの削除(DELETE)

他のテーブルを基にデータを追加
他のテーブルを基にデータを更新
他のテーブルを基にデータを削除

トランザクション処理
副問合せ(サブクエリ)
WIYH句:共通テーブル式


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です