操作説明書 7-1-2-5.画面カスタム設定 内容 メニュー項目(画面カスタム設定)について
各画面に独自の項目を追加したり、配置を変更したりできます。
表示されるボタンの数、名称は、基本環境設定・用語登録等により変化します。
ボタン毎に、それぞれの設定画面が表示されます。
以下、担当者マスタ一覧の画面で設定方法の説明をします。
↑画面編集
ツールバー
↑追加項目画面
@追加項目画面
・何も無いところをダブルクリックすると、小さくなります。
「追加項目画面サイズ切替」ボタンをクリックすると元にもどります。
・表示されている項目を、ドラック&ドロップで設定します。
画面にドロップすると一覧画面や、検索画面では、
のメッージが表示されます。
「はい」を選択した場合は、
のようになります。
これは、一覧・検索において、指定項目の範囲を対象とする場合に使用します。
・移動できる項目をクリックすると、
のように四辺に小さい四角が表示されます。
また、カーソルが十字キーに変化します。
そのまま、ドラック&ドロップで、移動が可能です。
・ラベル(上では、黒字の「郵便番号」)部分を移動すると、テキストボックスも一緒に移動します。
逆に、テキストボックスを移動した場合、ラベルは移動しません。
A画面編集ツールバー
それぞれの設定をここで変更できます。
位置(横、縦)、サイズ(横、縦)は直接数値を入力して下さい。
フォント、前景色、背景色は右のボタンより設定します。
可視、Trueは表示、Falseは非表示になります。
テキストはラベルの場合に、表示文字を変更できます。
ただし、ここでの設定はこの画面のみに摘要されます。
なるべく、用語設定で全画面共通の設定をしたほうが
後々、わかり易いです。
フォント、前景色、背景色の3つは、
ラベルをダブルクリックすることで、
現在選択されている項目(一番上のコンボボックスの項目)を
初期値に戻すことが出来ます。
・タブ順設定
「Enter」キー、「Tab」キーで移動する順番を設定します。
ボタンをクリックすると
のメッセージが表示されます。
全自動:左から右、↑から下の順で設定します。
手動:移動させたい順番にクリックしていきます。
・設定保存
設定した画面内容を保存します。
・キャンセル
設定した内容を破棄し、画面を閉じます。
・全リセット
全くの初期状態に戻します。
ここでの初期状態とは、この画面を最初に表示した状態のことではなく、
全くの初期状態で、最低限の項目のみ設定されている状態です。
・自動調整幅
ドロップした時、ここで指定した数値の位置毎に、自動調整されます。
当初、大雑把な配置をする場合は、5以上の数値を指定し、配置して下さい。
その後、微調整する場合は、1にして設定するようにして下さい。
B設定する画面
・項目の移動
@追加項目画面での説明部分は共通です。
・設定したが不要な項目
ドラッグ&ドロップで、追加項目画面に戻して下さい。
戻す位置はどこでも構いません。
システムの標準項目(概ね左上のグループボックス内)は、追加項目画面にいれられません。
システムの標準項目が不要な場合は、「可視」で非表示にして下さい。
システムの標準項目を非表示にする場合の注意
必須項目(環境設定で色を変更できます)は非表示にしないで下さい。
非表示にする場合は、元の位置から少しずらしてから、非表示にして下さい。
・移動できない項目
カーソルは十字キーになりません。
また、クリックしても小さい四角は四辺に表示されません。
・ラベルとテキストの同時移動
ラベルをクリックした場合に表示される右側の小さい四角が、
テキストボックスに重なる程度の位置にある場合は、
ラベルの移動で、テキストボックスも移動します。
・移動の微調整
対象をクリックし、四辺に小さい四角が表示されている状態で、
キーボードの↑→↓←キーで1ずつ(最小単位で)移動します。
・サイズ変更
四辺の小さい四角をクリックし、ドラッグすることで、サイズが変更されます。
ただし、高さについては、画像・複数行のテキストボックス等、一部を除いて変更できません。
・グリッドの設定
表示項目の順番の変更
ヘッダー部分をドラッグ&ドロップで順番を変更できます。
ドラッグ中は、上のように、薄い四角が表示されます。
上図の位置で、マウスを離すと、
のように変更されます。
表示・非表示・スクロール固定
ヘッダー部分を→クリックすると、
が表示されます。
非表示:選択されている列は非表示になります。
非表示を戻す:
が表示されます。
この表示を消す場合は、他の場所をクリックする
ダブルクリックでグリッドに表示されます。
この列までスクロールを固定する:指定列までは、横スクロールが固定されます。
(横スクロールしても同じ位置で表示されたまま)
スクロールの固定を解除:横スクロールの固定が解除されます。
(横スクロールに合わせて、項目が移動します。)
C操作上の注意事項
・マウスはゆっくり確実に操作して下さい。
急激な操作をした場合、表示が乱れる場合があります。
・コンボボックスの移動は、ラベルと一緒に移動するようにして下さい。
・コンボボックスのみ移動する場合
グループボックス内にあるコンボボックスは、ドラッグ&ドロップではグループボックスの外に、
出すことが出来ません。
グループボックスの外に出す場合は、コンボボックスを選択後、「Esc」キーを押下して下さい。
その後は、ドラッグ&ドロップでグループボックスの外に出すことが出来るようになります。
・行方不明になった項目の捜索方法
このコンボボックスの中から、捜索対象を見つけて下さい。
項目を選択すると、該当項目が現れます。
・事前にバックアップまたは、環境設定登録
画面カスタム設定の前に、必ず、バックアップまたは環境設定登録を実行して下さい。
画面が壊れた場合等に、元にもどせるように準備してから実行して下さい。
・最終手段
全リセットを実行して下さい。
全ての項目が完全初期状態に戻りますので、再度設定をやり直して下さい。